税理士まめブログ

2014.03.18 融資の決まり方 その2について

こんにちは。大阪の本町で公認会計士・税理士事務所をやっている小豆澤です。
今日は、融資の決まり方 その2について書きます。

では、融資判断はどのように行われるのでしょうか?
以前は、“ビジネスローン”などという名称で、それぞれの項目を点数化して
何点以上であれば合格というような融資手法もありましたが、最近はそうした
形での企業融資は影を潜めています。

銀行は借入申込みをした企業に関する様々なことを総合的に評価して融資判断を
行います。
総合判断の材料には、本書でこれまで述べてきたような当該企業の財務状況、
保全といったことだけではなく、その企業と銀行との取引歴、地域に与える影響力、
あるいは銀行の担当者や支店長の力量といったようなことも含まれます。

また、同じ企業の同一の借入の申込みに対して、応じる銀行も断る銀行も出てくる
のですから、融資判断の是非について、確定的なことがいえるものではありません。

ただ、一般的には次のようにいえます。銀行の融資判断の最大のポイントは融資した
資金が確実に返ってくるかどうかです。企業に返済能力があると思えば融資しますし、
返済能力に欠けると判断すれば断ります。企業の返済能力は第一は企業の財務体質です。

現在所有している現金預金をはじめとした財産及び事業によりこれから稼ぎだすと
予想されるキャッシュフローだけで、返済能力は十分だと判断できれば、融資決定を
することができます。

しかし、これからの事業展開に不安があると判断すれば、それを補うための担保や保証を
要求することになります。

つまり、業績だけで融資ができる会社と業績に加え担保や保証が必要になる会社がある
ことになります。日常の銀行との付き合いにおいて、自社が銀行からどのように
見られているかを知っておくことも大切です。
できるだけ業績だけで融資が受けられるようにするためには、会社の財務体質を
健全にすることが第一ですが、それだけでなく普段から銀行と十分に意思疎通を図って
おくことも重要なことです。

以上、融資の決まり方 その2についてでした。

コメント
コメントフォーム
お気軽にお問合せください。お見積りのご依頼もお待ちしております! TEL:06-6226-7820 受付時間 平日10:00~17:00
メールは24時間受付中! お問合せ・無料見積もり
ページの先頭へ