税理士まめブログ

2014.07.08 税務調査の担当部署について その2

こんにちは。大阪の本町で公認会計士・税理士事務所をやっている小豆澤です。
本日は、税務調査の担当部署のつづきについて書きます。

国税局に置かれている調査部は大規模法人(通常は資本金で判断し、
原則資本金1億円超の法人が該当します。)の法人税および消費税の調査を担当し、
査察部は法人の大小を問わず脱税事案を担当します。

課税部の中に置かれた資料調査課は、税務署では扱うのが難しい複雑困難事案や、
著名法人。著名人等の調査を担当します。この資料調査課も個人課税担当、
資産課税担当、法人課税担当に細分され、大規模局では、外国人調査担当や、
国際課税担当も置かれています。

税務署においても大規模署においては、たとえば法人課税部門は、内部部門、
消費税および間接諸税部門、源泉所得税部門、特別調査部門、一般部門や、
特別国税調査官部門、国際調査担当部門等に細分化されています。

また、個人法人にまたがる調査対象者に対し、法人税、申告所得税、相続および
贈与税に関して一体的調査を担当する総合調査担当特別国税調査官部門が
置かれるところもあります。

なお、源泉所得税に関しては、どんなに大規模な法人であっても、国税局の
調査部が担当することは無く、すべて税務署の法人課税部門の源泉所得税
部門等が調査を担当することになっています。




(参考文献 税務調査と租税争訟Q&A)
コメント
コメントフォーム
お気軽にお問合せください。お見積りのご依頼もお待ちしております! TEL:06-6226-7820 受付時間 平日10:00~17:00
メールは24時間受付中! お問合せ・無料見積もり
ページの先頭へ