税理士まめブログ

2016.03.22 45秒プレゼン

大阪の本町で公認会計士・税理士事務所をやっている小豆澤です。
今日もBNIのプレゼンについて書きます。
私は、異業種交流会BNIのSmileチャプターにメンバーとして所属しています。
50名超のメンバーがある大きなグループです。

で、その会は、毎週火曜日の朝7:00から始まり、その中で、一人ひとりの
メンバーは45秒で自分の仕事についてプレゼンを行います。

私は、税理士として所属していて、会社を作った人を紹介してください!
というプレゼンをいつもおやじギャグまじりにやっています。

で今回も先日行ったプレゼンをブログにあげます

【45秒プレゼン】
ホラッチョ川上、経歴詐称で大炎上!
小豆澤会計事務所の小豆澤です。
開業する人を紹介して下さい。
   
ホラッチョ川上問題で、自分のホームページのプロフィールをチェケラッチョ!

代表者プロフィール
日本公認会計士協会 近畿会所属 登録番号18887号
同近畿会 大阪市南地区会 副地区会長
同近畿会非営利会計委員会医療法人小委員会委員、同社会福祉法人小委員会委員、同NPO法人小委員会委員
近畿税理士会 東支部所属 登録番号111522号
登録政治資金監査人 第1126号
経営革新等支援機関
大阪府中小企業再生支援協議会 登録専門家
弥生株式会社認定 経営支援アドバイザー
一般社団法人 小規模企業経営革新支援協会 会員
BNI Smileチャプター メンバー

と、まだまだありますが
私のプロフィール大丈夫です!
証明できるやつのコピー持ってきました!
と、肩書きばかりじゃだめですが、安心して紹介してください。
小豆澤でした。

2016.03.14 事業承継について その34

こんにちは。大阪の本町で公認会計士・税理士事務所をやっている小豆澤です。
本日は事業承継の対策その34、物納制度の活用の続きについて書いていきます。

1.物納の要件
物納ができる要件は概ね以下のとおりです。
①相続税を延納によっても金銭で納付することを困難とする事由があり、その納付    
を困難とする金額を限度としていること
②申請により税務署長の許可を受けること
③物納申請財産が定められた種類の財産で申請順位によっていること
④物納申請財産が物納適格財産であること

2.物納許可限度額の算定
物納は、延納によっても金銭で納付することが困難な金額の範囲内で認められている制度です。
したがって、物納することができる金額には限度があり(「物納許可限度額」といいます)、
その計算方法は以下の通りです。

①納付すべき相続税額
②現金納付額
③年間の収入見込額
④申請者及び生計を一にする配偶者その他の親族の年間の生活費
⑤申請者の事業の継続のために必要な運転資金(経費等)の額
⑥年間の納付資力(③‐④‐⑤)
⑦おおむね1年以内に見込まれる臨時的な収入
⑧おおむね1年以内に見込まれる臨時的な支出
⑨「延納許可限度額の算定」の③及び④
⑩延納によって給付することができる金額{⑥×最長延納年数+(⑦‐⑧+⑨)}
⑪物納許可限度額(①‐②‐⑩)

3.物納申請財産の選定
物納許可限度額を算定したら、その限度額の範囲内で物納申請をする財産を選定します。
物納申請財産は、次の要件を満たしていなければなりません。
①物納申請者が相続により取得した、日本国内にある財産のこと
②管理処分不適格財産でないこと
③物納申請財産の種類及び順位に従っていること
④物納劣後財産に該当する場合は、他に適当な価額の財産がないこと
⑤物納に充てる財産の価額が、原則として、物納申請税額を超えないこと


【参考文献 事業承継成功のマニュアル

2016.03.03 事業承継について その33

こんにちは。大阪の本町で公認会計士・税理士事務所をやっている小豆澤です。
本日は事業承継の対策その33、物納制度の活用について書いていきます。

相続税の納付は金銭一時納付が原則ですが、金銭で一時に納付が困難な場合は
延納となり、延納でも金銭納付困難な場合に物納が認められています。
相続した預貯金等では相続税の納付が困難な場合は、取得した不動産を売却して
その売却代金により納付することも一法ですが、不動産の売却に相当時間を要する
ことが予想されたり、相続税評価額より低い価額でなければ売却が困難な状況に
ある場合には、物納により納付を選択することが得策と思われます。

物納は納付方法の特例規定のため、物納による納付を計画する場合には、
相続開始前からの準備が重要となります。まずは所有財産の現況を確認し、財産を
「事業継続のために所有が必要な財産」、「状況によっては売却を検討してもよい財産」、
「物納する財産」に3分類した上で、物納対策はスタートします。


【参考文献 事業承継成功のマニュアル】

お気軽にお問合せください。お見積りのご依頼もお待ちしております! TEL:06-6226-7820 受付時間 平日10:00~17:00
メールは24時間受付中! お問合せ・無料見積もり
ページの先頭へ